鎌倉在住WEBライターのブログ

鎌倉のことだったり 仕事のことだったり

クドカンの恥小説を読んで

スポンサーリンク

最近、ブログ更新を怠りつつあります。

 

お久しぶりです。こばやかわです。

 

これといったネタがないため、昨日読んだ本について書こうかと。

 

もちろん、ネタバレはしません。

  

 

『きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) 』

 

タイトルだけを見て、思わずkindle版を購入してしまった本。

 

主人公は、田舎のバンカラ男子校に通う高校生。

 

クドカンの私小説……ではなく恥小説らしいです。

 

 

 

いいえ、これは小説ではありません。

 

読む前と読み終わったあとでは、何も変わりはしません。

 

誰かの人生に、何ら影響を与えることはないでしょう。きっと。

 

 

だけど、ただただ笑える。

 

電車の中とかカフェとかで読んだらダメ、絶対!!!

 

たとえ人生に絶望することがあっても、これさえ読めば笑える気が少しする。

 

とにかく、暇つぶしには最高の一冊です。

 

 

 

あ、別に私、暇ではないよ。

 

それと、下ネタが大嫌いな人は、読んだらダメです。

 

ほなー。