鎌倉在住WEBライターのブログ

鎌倉のことだったり 仕事のことだったり

鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)とバニラビーンズ鎌倉店へ(2019年4月2日)

スポンサーリンク

「令和であります」って言う前に、TBSのカメラからだと「令」の字だけ見えちゃってましたよね。こばやかわです。

 

今回は

  • 鶴岡八幡宮の境内にある鎌倉国宝館
  • 雪ノ下にあるバニラビーンズ鎌倉店

に行ってきました。

 

 

鎌倉国宝館

 

まずは久々の鶴岡八幡宮。

 

f:id:kobayakawahtn:20190403114727j:plain

 

おやっ、鳥居の上に何かが……。

カメラで寄ってみると、

 

f:id:kobayakawahtn:20190403114832j:plain

 

神の使いでした。かわええ。

いつも通り参拝を済ませ、向かったのは境内にある鎌倉国宝館

 

f:id:kobayakawahtn:20190403115054j:plain

ほとんどの人がスルーしていく鎌倉国宝館

鶴岡八幡宮に行ったことがある人は多いと思いますが、鎌倉国宝館に行ったことのある人は少なそうですね。

かく言う私も、今回が初潜入であります。

 

鶴岡八幡宮の宝物館的なものかと思われるかもしれませんが、実は鎌倉市の施設

関東大震災をきっかけに、文化財をもっと守っていこーぜ! ということでつくられたそうです。

 

そして現在展示されていたのは、鎌倉の仏像と肉筆浮世絵。

 

色々なお寺の仏像を同時に見る機会は多くないので、面白かったですね。

お寺ごとに、こんなに特色があるんだっていう。

円応寺というお寺の仏像は特にクセが強かったので、実際お寺のほうにも足を運んでみようと思いました。

 

f:id:kobayakawahtn:20190403120653j:plain

 

また、全然やってることすら知らなかった肉筆浮世絵の展示。

喜多川歌麿鈴木春信歌川広重といった、そうそうたる浮世絵師の肉筆画が展示されていたのですが、ぶっちぎりで葛飾北斎の優勝

 

 

まったく浮世絵のことなんてわかりませんが、技術・センスともに別格でした。

一人だけレベルが違い過ぎて、本当に笑けます。

これからは北斎のことをスーパー絵うまジジィと呼びます。

 

www.city.kamakura.kanagawa.jp

 

バニラビーンズ鎌倉店

f:id:kobayakawahtn:20190403121133j:plain

 

鎌倉国宝館をあとにして、先月オープンしたという近くのカフェへ。

小町通りのまめやのところを曲がり、しばらく進むと現れるのがバニラビーンズ鎌倉店

本店はみなとみらいにあるらしいですよ。

 

チョコレートのお店なので、オーダーしたのはバニラビーンズショコラッテ(アイス)。

お値段は648円……わお、観光客価格。

 

f:id:kobayakawahtn:20190403121759j:plain

 

おまけとして、大仏のチョコレートがついてきました。

「おいおい、チョコにチョコかよ」と思いましたが、

ドリンクは甘め、大仏は甘さ控えめなので、ありっちゃあり(でも私的にはなし)。

 

まぁ、店内は天井が高くて、窓も広い。今っぽい感じがする。

オープンしたてだから知っている人も多くないのか、落ち着いて過ごせるのはいいところ。

若い女子におすすめしたいお店です。おしまい。

 

chocolatedesign.co.jp

 

↓↓ 最後にそれぞれポチポチしていただけると、大変励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ