高徳院は寺というより大仏公園だ

スポンサーリンク

本日は取材で、鎌倉の大仏様がいらっしゃる高徳院まで行って参りました。

 

高徳院を訪れるのは、これで2回目になります。

 

 

f:id:kobayakawahtn:20180809173020j:plain

 

デカイ仏像を造ったからってねぇ……とアンチ大仏の私。

 

ですが、確かに大仏様を真下から見上げると、

 

なんだか穏やかな気持ちになれるという不思議。

 

 

f:id:kobayakawahtn:20180809173122j:plain

 

大仏様の裏手には、与謝野晶子の歌碑もありました。

 

読めないけど。

 

かまくらや御ほとけなれど釈迦牟尼は 美男におはす夏木立かな

 

最近わかってきた。

 

確かに鎌倉の大仏様はイケメンである。 

 

f:id:kobayakawahtn:20180809173205j:plain

 

また「観月堂」という建物もあるのですが、

 

こちらはもとは漢陽の朝鮮王宮内にあったんですって。

 

それが色々あって、後の山一證券の社長に渡り、高徳院に移築されたのだそう。

 

ほぇ~。

  

f:id:kobayakawahtn:20180809173251j:plain

 

今週の頭に訪れた長谷寺と比べると、大仏しかないと言わざるを得ない高徳院。

 

大仏様があって、その周りを取り囲むようにいくつもベンチがある。

 

そこに腰掛けながら、みんな大仏様を見上げている。

 

お寺っていうより、大仏公園。

 

人の生活に溶け込んでる感じが、なんかいい。

 

www.kobayakawa.work