M-1グランプリ2017決勝の感想

スポンサーリンク

大人になったら、思い通りになることは10個あったらひとつくらい。

 

そのひとつが叶えられた。

  

 

 

とろサーモンの優勝!!!!!

 

まさか、まさかだった。

 

世の中、捨てたもんじゃないんだね!

 

 

全体について

こんなに人情味に溢れた大会は初めてだったんじゃないかな。

 

まさか最後、審査員の渡辺正行が泣くという結末は、誰が予想できたんだろう。なんだか幸せな気分になれた。

 

中川家が優勝したとき以来、ジーンときた。

 

 

  • 出場資格:コンビ結成15年以内
  • エントリー数:4,094組
  • 笑神籤(えみくじ)の導入
  • 司会:今田耕司 上戸彩
  • 審査員:オール巨人 渡辺正行 中川家礼二 春風亭小朝 博多大吉 松本人志 上沼恵美子

 

 

あと、総じて上戸彩の司会が不安だった。初めての仕事じゃないわけだし、もっとしっかりして欲しいな。

 

そのうちかわいいだけじゃ、若いコに勝てなくなる日が来るって。こじるりだったらな、と何回も思う場面が。

 

でも、700万点は好き。

 

敗者復活戦について

視聴者投票で私が入れた3組がトップ3に。こういうの、ことごとく外してきた人生だから、少し自分も自信が持てた。

 

敗者復活戦@六本木ヒルズアリーナ

1 スーパーマラドーナ →復活

2 ハライチ

3 天竺鼠

4 アインシュタイン

5 三四郎

6 南海キャンディーズ

7 相席スタート

8 ニューヨーク

9 さらば青春の光

10 笑撃戦隊

11 霜降り明星

12 大自然

13 セルライトスパ

14 見取り図

15 からし蓮根

16 囲碁将棋

17 アイロンヘッド

18 東京ホテイソン

19 Aマッソ

20 ランジャタイ

 

でも、誰の目にも明らかだったよね、スーパーマラドーナが復活するって。わざと一回落とさないでー。

 

決勝1stラウンドの点数について

 

f:id:kobayakawahtn:20171205023229p:plain

 

赤字が各審査員の最高得点、青字が最低得点。

 

マヂカルラブリーは思った通りだけど、意外とかまいたちにも二人が最高得点をつけてたんだ。ほぅ。

  

そういえば、今年はしれっと1組増えてたんだった。

 

各コンビについて

引き続き、一お笑いファンとしての独り言です。

 

ゆにばーす

キャッチフレーズ:野生女×インドア男

結成:2013年

 

トップバッターなのに、すごく落ち着いてた。今年はただのトップバッターではなくて、笑神籤とかいう芸人を追い詰めるドSシステムで決まったトップなのに。

 

やっぱりはらちゃんは大物。あ、川瀬名人も。お客さんのウケもすごかったから、トップじゃなかったらどうなってたんだろうなー。

 

カミナリ

キャッチフレーズ:進化のどつき漫才

結成:2011年

 

失礼だけど、普通におもしろかった。カミナリのネタはいい意味で、いつも同じクオリティーな気がする。それって、本当にすごいこと。私もそういう仕事をしよう。

  

とろサーモン 

キャッチフレーズ:ついにキターーー!!

結成:2002年

 

決勝でとろサーモンのネタが見れただけでも震えた。久保田、なぜかファーストラウンドは蝶ネクタイをつけてない。あいかわらずクソ人間で最高だった。

 

 スーパーマラドーナ

  

  

敗者復活のためキャッチフレーズはなし

結成:2003年

 

安心。安定。でも、まさか決勝ラウンドに行けないとは・・・。敗退が決まったときの武智さん、悔しさを隠しきれないマジな顔してたのが印象的。

 

かまいたち

  

 

キャッチフレーズ:史上初の2冠へ

結成:2004年

 

ネタ後のフリートークまで含めたら、一番おもしろかった。にしても、かまいたちにコメントしてる小朝師匠の髪のトップ透けすぎ。

 

マヂカルラブリー

 

 

キャッチフレーズ:摩訶不思議

結成:2007年

 

ふと、POISON GIRL BANDを思い出す。上沼恵美子の「よく決勝残ったな」に一票。見ててハラハラした。とか言って、来年大化けして出てきたらどうしよう。

 

さや香 

キャッチフレーズ:無印(ノーマーク)

結成:2014年

 

キャッチフレーズの「無印」、久しぶりに見た気がする。ネタの入りがダイアンぽくて、少し気になった。展開はまったく違かったから安心。

 

ボケのコは、小さい頃からお調子者だったんだろうな、きっと。テンションだけの部分も多々あったけど、実際に劇場で見たらめちゃくちゃ楽しそう。

 

ミキ

 

 

キャッチフレーズ:兄弟漫才

結成:2012年

 

私はファーストラウンドで一番おもしろかった。 お兄ちゃんの方を見ると、どうしても阪神師匠を思い出す。ペソペソ。

 

和牛

  

 

キャッチフレーズ:3度目の正直

結成:2006年

 

おもしろかった!特にジョブズスタイルのくだりとかヤバかった。去年の和牛のネタより、おもしろかった。こっちを決勝ラウンドでやってくれればよかったのに・・・なーんて。

 

 ジャルジャル

  

 

キャッチフレーズ:帰ってきたフリースタイル

結成:2003年

 

ここまでの練習量見せられたら、おもしろいよりも感動が勝つ。福徳、結果が出る前から涙目だった。

 

お笑い芸人がテレビで見せたらいけない顔だったけど、視聴者のハートは鷲掴みにされた。ここまで悔しがれるって、本当にうらやましい限り。

 

コメントする上沼恵美子のおばあちゃん感。

 

決勝ラウンドについて

 

ネタ順

①とろサーモン

②ミキ

③和牛

 

突き抜けておもしろいコンビはいなかったのが残念。まさかとろサーモンが優勝するとは思わず、4票目が入ったときには思わず笑ってしまった。

 

ファーストラウンド3位から優勝したコンビっていうのも、なかなか珍しいんじゃないかな。

 

f:id:kobayakawahtn:20171205022429j:plain

 

美味しそうなファイナルジャッジだったもんで、ついつい撮ってしまった。

 

 

  

いつも以上に、記憶に残る大会でした。

 

お笑いが好きでよかった。

 

ありがとうございます。