メダカ|稚魚の個体差が激しい

スポンサーリンク

9月6日から13日にかけて誕生したメダカちゃんたち。今日も元気です。

  

f:id:kobayakawahtn:20171028115836j:plain

 

相変わらず、見にくい写真しか撮れない。

 

わずか1週間しか誕生日が変わらないのに、体格差がますます大きくなってきた気がする。もはや大人メダカの縮小コピーのような個体もいれば、まだまだシラスみたいなコもいる。

 

このバケツ一杯ほどのメダカ社会にも、ヒエラルキーができあがっているのか?下っ端は食べていけないのかもしれない。みんなに行き渡るように、食事は与えているつもりなのに・・・・・・。

 

ベランダに出しっぱなしなので、死んだ虫もエサになってくれる。それをつついていたのはやはり、ヒエラルキーの頂点にいるであろう個体だった。

 

このままだと、小さいコたちが大きいコの食い物(文字通り)にされるかもしれない。

 

別のバケツに隔離するべきか、実に悩ましい。もし隔離先で、さらに新たな階級社会が作られたら、私泣くよ。