「女芸人」という言葉がひっかかる

スポンサーリンク

GYAO!のM-1ファンクラブの動画を毎日コツコツ見ている。動画の中(#5あたりだったかな?)で、尼神インターの渚が「女芸人で今人気の・・・・・・」と言われて、「女芸人でってなんやねん!」と思ったんだか返したんだかというエピソードがちょろっと流れた。

 

f:id:kobayakawahtn:20171026081004j:plain

 

尼神インターのファンではないけど、これはごもっともだ。言われたら、ちょっと傷つく。性別なんて関係なく、本人たちはプライド持って仕事してるんだから。

 

そもそも「女芸人」って言葉自体、どうなんだろう。こんなご時世でも許される言葉なのか?他に女〇〇ってつく職業は、どれくらいあるんだろう。

 

私はかつてお客さんに「女性で〇〇ってすごいですね。がんばったんですね。」(〇〇には職業が入る)と言われ、非常に違和感を感じた。

 

即座に「ありがとうございます!がんばったんですよ!」と笑顔で返したものの、心の中では「相手が男だったら言わないだろ。つーか、あんたががんばれよ」と思ったことは言うまでもない。

 

ただ、おそらく相手に悪意はないんだろう。だから困る。

 

そういえば、ちょうどその頃に見た夢で、私はなぜか戦争に参加していた。敵兵のひとりから「女のくせに戦っている」と笑われたので、手りゅう弾を女投げでお見舞いしてやった。

 

動画の話に戻ると、「初の女性チャンピオン誕生なるか」とか「いまだに女芸人が優勝していない」とか言っている人がいたし、その類のテロップまで出てきたので気になった。

 

え、そんなん、どうでもよくない?

 

これ、M-1だよ?一般企業とかじゃないよ?それでも女を勝たせたいんだったら、下駄でも履かせたらいいだけのことじゃん?

 

ただこれも、発言者・制作者側に悪意はないんだから、さらにモヤモヤが止まらなくなる。過敏になりすぎているのか。うーーーーん、寝よ。